045-846-0445 メールでのお問合せはこちら
  • 休診日:木曜日終日、水曜日の午後
  • 診療時間10:00~13:00
    16:00~20:00
ご予約/お問合せご予約

ノミ・マダニ予防対策

犬猫に寄生するノミ・マダニの対策予防に関するページです。駆除予防薬や予防時期からノミ・ダニの種類や生息する場所まで、ノミ・マダニ対策に関する情報を掲載しております。横浜市で犬猫のノミ・マダニ予防なら、動物病院OCEAN'S PET CARE CENTER(オーシャンズペットケアセンター)をご利用ください。

お気軽にご相談・ご予約ください

無料通話0120-04-777724時間受付中ネット問合せ【電話受付時間】水曜午後・木曜日を除く、朝10時から夜20時まで

ノミ・マダニ対策について

ワンちゃん ネコちゃん

ノミやマダニは、犬猫の皮膚や被毛に寄生します。ノミ・ダニに刺されると痒みやアレルギー性皮膚炎の原因となるだけではなく、ペストや瓜実条虫などの伝染病を引き起こす可能性もあります。

また、マダニは人間にも寄生し、重症熱性血小板減少症候群や日本紅斑熱などを引き起こす原因になることもあります。飼い主様の健康を守るためにも、ペットのノミ・ダニ予防をしっかりと行いましょう。

犬のノミ・マダニ予防対策

犬に寄生するマダニの種類と大きさ

犬猫に寄生しない一般的なダニの大きさは、0.5mmにも満たないサイズです。しかし、犬猫に寄生するマダニは、

  • フタトゲチマダニ
  • キチマダニ
  • ツリガネチマダニ
  • ヤマトマダニ
  • シュルツェマダニ

など複数の種類がありますが、どのマダニも2mm~4mmほどの大きさがあります。さらに、吸血後は100倍以上の体重になり、見た目も大きくなるため肉眼でもはっきりと確認することができます。

マダニは繁殖力も強く、1匹のメスがいるだけで1カ月後には2000匹に増えることもあると言われています。

マダニが生息する場所

草むらがあればどこにでも生息できます。

  • 公園
  • 川辺
  • 山や森

などの草むらで身を潜め、近くを通りかかった動物に飛び移って寄生します。

マダニ・ノミが媒介する病気

  • アレルギー性皮膚炎
  • バベシア症
  • 瓜実条虫
  • ライム病
  • 日本紅斑熱
  • 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)

ノミ・マダニが媒介する病気の中には、人間にも感染し日本で死亡例もある恐ろしい病気が存在します。

予防薬(駆除薬)の種類と効果

ノミやマダニの対策と同時にフィラリア予防もできるお薬のご用意もございます。

タイプ お薬の種類 ノミ マダニ 内部寄生虫 フィラリア
チュアブル
(お肉)
ネクスガード スペクトラ
スポット アドボケート X
チュアブル
(お肉)
ネクスガード X X
スポット フォートレオン X X

●: 効果あり、X: 効果なし

どのタイプのお薬も月に1回接種が必要となるお薬です。チュアブル(おやつタイプ)と錠剤タイプの飲み薬は、投与後すぐにシャンプーをすることが可能です。

ご予約はこちらから

猫のノミ・マダニ予防対策

猫に寄生するノミの繁殖力は非常に強く、1匹のメスが1カ月後には2万匹になるという調査結果もあります。

また、ノミは動物の体表で産卵までを行い、ペットの被毛の中など暖かな場所で生活をします。そのため、季節を問わず予防対策を行うことが必要です。

ノミがいる場所

  • 動物の被毛
  • ソファー
  • ベッド
  • カーペット
  • 縁の下

など暗く湿った場所をノミは好みます。猫にノミがついていた場合は、お部屋にも住み着いていることがあります。

ノミ・ダニが媒介する病気

  • 猫ヘモプラズマ感染症
  • アレルギー性皮膚炎
  • 瓜実条虫
  • ライム病
  • 日本紅斑熱
  • 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)

ノミ・マダニが媒介する病気の中には、人間にも感染し日本で死亡例もある恐ろしい病気が存在します。

予防薬(駆除薬)の種類と効果

ノミやマダニの対策と同時にフィラリア予防もできるお薬のご用意もございます。

タイプ お薬の種類 ノミ マダニ 内部寄生虫 フィラリア
スポット レボリューションプラス
スポット アドボケート X

●: 効果あり、X: 効果なし

スポットタイプ・錠剤タイプともに月に1回の接種が必要なお薬となります。錠剤タイプ(飲み薬)の場合は、投与後すぐにシャンプーをすることが可能です。

ご予約はこちらから

診療案内Q&A

マダニの大きさはどのくらいですか?
吸血前後でサイズが異なります。吸血前でも、1㎜~5㎜くらいの大きさで肉眼で確認できます。吸血後は100倍以上の体重になり5㎜~1㎝ほどになります。
犬や猫がマダニに刺されたら、どう対処すればよいですか?
犬や猫の体にマダニを見つけたら、無理に取らずに動物病院へ行きましょう。危険な感染症を媒介する恐れもあります。
冬でもノミ・ダニは発生しますか?
ノミ・ダニは13℃~15℃以上で活動します。冬でも暖かい室内で飼育している場合は、注意が必要です。当動物病院でもノミ・ダニ予防は一年中受け付けております。
マダニが犬や猫を死亡させることもありますか?
マダニが媒介する感染症には、死の危険がある病気もあります。犬猫だけでなく人間にも感染する危険性もあります。
室内飼いの猫にもノミ・ダニ予防は必要ですか?
完全室内飼いの猫にもノミ・ダニ予防は必要です。特に暖かい室内では一年中ノミ・ダニが生息できます。
市販のノミ・ダニ駆除薬を使っても大丈夫ですか?
ノミ・ダニ駆除薬は動物病院で処方してもらいましょう。犬猫の体重や体調などに合わせて投薬する必要があります。市販や通販のお薬では効果が期待できません。
ノミ・ダニ予防薬に副作用はありますか?
まれに嘔吐や下痢、食欲不振などの副作用が現れます。当院では副作用の少ないお薬のみを取扱っております。
ノミ・ダニの予防時期はいつですか?
フィラリア予防と同じく、毎年5月~12月ころのノミ・ダニ予防をおすすめしています。ノミ・ダニとフィラリアを一度に予防できるオールインワンタイプの予防薬も取り扱っております。

横浜市でノミ・ダニ予防なら、動物病院オーシャンズペットケアセンターをご利用ください。

フリーダイアル0120-04-7777にて「ノミ・ダニ予防を受けたい」とお伝えいただければスムーズにご予約ができます。お気軽にご連絡ください。